ブリッジコース

ブリッジコース

ブリッジコース

国際カイロプラクティックカレッジ(ICC)のブリッジコースは、カイロプラクティック標準化コース(CSC)プログラムの後続コースとして、 ICCがオーストラリアのInstitute of Therapeutic Manipulation(ITM)と共同で管理・運営しているカイロプラクターのための高度追加教育プログラムです。
CSCプログラムは、元々、Bachelor Degree Courseとしての側面を持っていたため、本コース修了者には、引き続き、BCSc,Diplomaを授与しております。

プライマリーケアを正しく担えるカイロプラクターになろう

プライマリーケア

すでに法制化を果たした国や地域では、教育基準が整備されていますが、日本のように未法制の国では、 統一した教育基準がないため、各スクールによって内容に偏りやばらつきがあるのが実状です。 日本の大半のスクールのカリキュラムは、簡単な基礎医学と、あとはテクニックが中心に彩られています。 整体との区別もあいまいなまま商業ベースのカイロプラクティックが広く市場に出回っているのが実状です。
そこで、ITM-ICCは、日本のローカルプログラム(短期養成)修了者に、 安全にカイロプラクティックのお仕事をしていただくために、本コースを準備し、 より高い水準の学術追加教育を提供しております。 カリキュラムの根幹は、カイロプラクティック業務として必須となるプライマリーケア(第一次診療業務)の実施手順、 リスクマネージメント、鑑別診断法、種々の機能的検査法などが中心で、 さらには安全性・有効性・経済性がきわめて高い神経-筋-骨格(NMS)系のマニピュレーション・テクニック手順/方法が指導されます。 これまでのコース修了者からも「受講したことで生涯使える基礎が身に付いた」と喜びの声が寄せられています。

ITM-ICCは、皆さまの「もっと上を目指したい!」を全力でサポートいたします。

次回開講のご案内

  • 大阪本校クラスと東京クラスの2クラスを募集しておりますが、只今、東京クラスの開講日は調整中となっております。
  • スクーリング実施日は、大阪本校クラスの場合、第2日曜日と前日の土曜日の2日間(但し、8月は第3日曜日と前日の土曜日の2日間)となり、東京クラスは第1日曜日のみとなります。開業者にとっては休業日を増やすことなく月一回の集中スクーリングと在宅学習とでコース内容を履修して行くことができます。
  • スクーリング時間帯は、大阪本校クラスが土曜日;10:00~19:00(昼休憩60分)/日曜日;9:00~17:00(昼休憩60分)、東京クラスは日曜日;10:00~17:30(昼休憩45分)となります。
  • 次回開講の大阪本校クラスは、胸部からのスタートとなります。東京クラスは、腰部からのスタートとなります。(東京クラスの進行ペース/内容は大阪本校クラスと差異があります。)それぞれの開講日は、入試・学費ページ案内にてご案内しています。
  • 全課程修了者には、課程修了の証しとしてBCSc,Diplomaを授与いたします。

より学びやすく、より理解しやすくなった本プログラムの受講で、 あなたのカイロプラクターとしての知性と技術を高め、より良いケア業務が遂行できる確かな基礎を構築ください。

詳しくは、募集要項ならびに入試・学費ページをご参照ください。

ブリッジコースの遠隔地での開催

国際カイロプラクティックカレッジ(ICC)では、予てよりブリッジコースの遠隔地での開催を検討しておりました。
現在 東京での開講は準備調整中となっておりますが、年始早々(2017年2月)に北海道は札幌にてブリッジコース『札幌クラス』をスタートさせていただくこととなりました。
すでに札幌クラスはその地でご活躍のCSC修了先生のお手配により受講生を確保いただいておりますため、ホームページでの今期の公募は控えさせていただきます。
(受講希望の方はICCまでご連絡ください。TEL 06-4306-5007 岡部まで)

つきましては、今後新たに「我が地でも!」と、安心・安全のカイロプラクティックの普及啓蒙にご尽力くださるCSC修了先生がいらっしゃいましたら、ぜひ、ICC事務局までご連絡ください。
講習会場の御誘致と所定人数の受講者が確保できましたら前向きに検討させていただきます。

こんな方が対象です

本コースは、次のような方にお勧めです。


  • 本物のカイロプラクティックを学びたい
  • 自分には、まだ基礎が足りていない
  • 不安を抱えながら施術している
  • カイロプラクティックをもっと探究したい
  • 対症療法に逃げたくない

こんな方が対象です

本プログラムを必要とする方は、ぜひ、ご検討ください。これまでの知識と経験を無駄にせず、より崇高な哲理と的確な鑑別診断能力を充足し、本物へとキャリアアップできる絶好のチャンスが目の前です。

本プログラムの特長

本プログラムは、ローカルプログラム(短期養成)修了者に、崇高なレベルの学術を補填することを目的に設計されています。本コース入講者には、各部位別でパッケージされた個人指導型学習教材(DSLパック)を進行毎に合わせ配布し、カリキュラムも翌日からの施療に即時活用できるよう部位別構成となっています。また、各検査法やテクニックの技術指導も万全で感覚と運動のスキルを徹底したハンズオンで正確に体感いただくことができます。

  1. 1.基礎科学(発生学・組織学・生化学・微生物学・解剖学・生理学・病理学・栄養学ほか)
  2. 2.臨床科学(症候学・診断学・理学的診察法・整形外科的検査法・神経学的検査法・画像読影ほか)
  3. 3.カイロプラクティック科学(学理・哲学・生体力学・神経学・機能検査法・機能テクニック・脊柱画像分析ほか)
  4. 4.臨床教育(ベッドサイドティーチング・カンファレンス・患者教育学・臨床心理学・関係法規ほか)

以上の各単位を統合した課程モデルが本プログラムの特長で、 配布された個人指導型学習教材(DSLパック)によって、 施術活動を行いながら在宅にて学習または、グループ学習いただけます。 あなたのやる気でいつでもどこでもサクサクと不足単位を充足いただける画期的なプログラム構成となっています。

あなたの知識と技術を高め、更に確かなものに!


  • これまでのローカルプログラムの履修内容と臨床経験を既得単位として認定
  • 働きながらの受講が可能な画期的なプログラム構成
  • 経験豊富な施術家でも満足して頂けるプログラム内容
  • 患者の愁訴を中心にした機能的なカリキュラム構成
  • 患者の愁訴を中心にした機能的なカリキュラム構成
  • 月一集中スクーリングによる充実したクラス学習
  • 個人指導型学習教材(DSLパック)が多忙なスケジュールをサポート
  • 全課程の課題修了者には、BCSc,Diplomaを授与

あなたの知識と技術を高め、更に確かなものに! あなたの知識と技術を高め、更に確かなものに!

※(注):文中の「Bachelor Degree または、学士」という称号の表記は、現時、日本の学校教育法に基づくところの学位記を意味するものではありません。

ブリッジコース受講者の声

中途半端な知識で触れるのは
本当に危険!

受講生

CSCを受講しようと思ったきっかけは、自分の手技や知識を高めたいと思ったからです。
一つ一つCSCで専門的な知識を学ぶたび、新たな発見があり、また、知識が増えるたび、人の体を中途半端な知識で触れるのは本当に危険だなという思いがより一層強くなりましたし、自分の出来ることをもっと高めたいと感じるようになりました。
このように考えることのきっかけや経験をさせていただくことに、ただただ感謝です。
人としても治療家としてもやはり上を目指すのであれば、常に学ぶ必要があると思いました。

大阪の国際カイロプラクティックカレッジのCSCプログラムの講師の方々のもとで学ぶ事が出来たのは本当に大正解だと思いますし、必然だったのだと感じます。
今後も一人前になることを目指し、学校、講師の方々に学び続け自身の人として、治療家としての能力を研鑽していきたいと思います。

受講生 黄 源(京都府)様の声

受講の度に感謝の気持ちで
一杯でした!

受講生

私は2年制のカイロプラクティックの学校を卒業し数年間臨床の現場を経験して独立開業しました。
開業し5年が経過したとき、CSC(現ブリッジコース)を受講する決意をしました。
決意理由は自分の施術に自信が持てなく不安があったからです。
もちろん経験はそれなりに積んでいたつもりですが、施術結果が満足のいくものでは無かった為です。

受講するにあたり、学生の頃の初心へかえり基礎医学から検査・テクニック・施術の組み立て方など丁寧に説明してもらえ質問があれば正確に答えてくれる講師の先生方には受講の度に感謝の気持ちで一杯でした。
これまで何が足りなかったのか?これから必要な事は何なのか?が明確になり今後の施術の指標になりました。
基礎があっての応用です。

もし受講をお考えの先生方がおられれば自信を持っておすすめします!

受講生 小川 新吾(兵庫県)様の声

募集要項

大阪本校クラス:

募集学科 カイロプラクティック・ブリッジ・コース(高度追加教育プログラム)
修業年限 1年6ヶ月
修了証 『Bachelor of Chiropractic Science (BCSc) Diploma』
修業内容 毎月第1日曜日と前日土曜日に行われる定期スクーリングの受講と個人指導型学習教材(DSLパック)による臨床学習からなり、要求される能力を受講者が証明すれば修了となります。
スクーリング会場 大阪府東大阪市荒本新町2-35
副教材 学習をサポートするための副教材リストは、資料ご請求後のコースカタログに紹介されています。
お持ちでない方には、購入をお勧めいたします。
(ご案内の学費明細には含まれておりません。)
法人団体加入
(任意)
本課程修了者には、 『一般社団法人 国際カイロプラクティック師連盟(Fjic)』への入会資格が与えられます。
(入会金・年会費 別途要)

『一般社団法人 国際カイロプラクティック師連盟(Fjic)』への加入により、あん摩師法第217号附則(昭和39年法律第120号)抄4項に基づき、厚生労働大臣の必要な措置が講じられるまで、当法人の安全基準審査会が、監督官庁に代行して医業類似行為(カイロプラクティック療法業)施術所開設届を受理し、カイロプラクティック業法制化の既得権保護を強化します。

東京クラス:

募集学科 カイロプラクティック・ブリッジ・コース(高度追加教育プログラム)
修業年限 2年8ヶ月
修了証 『Bachelor of Chiropractic Science (BCSc) Diploma』
修業内容 毎月第1日曜日行われる定期スクーリングの受講と個人指導型学習教材(DSLパック)による臨床学習からなり、要求される能力を受講者が証明すれば修了となります。
スクーリング会場 東京都渋谷区恵比寿南2-1-11 AMビル7F
副教材 学習をサポートするための副教材リストは、資料ご請求後のコースカタログに紹介されています。お持ちでない方には、購入をお勧めいたします。
(ご案内の学費明細には含まれておりません。)
法人団体加入
(任意)
本課程修了者には、 『一般社団法人 国際カイロプラクティック師連盟(Fjic)』への入会資格が与えられます。
(入会金・年会費 別途要)

『一般社団法人 国際カイロプラクティック師連盟(Fjic)』への加入により、あん摩師法第217号附則(昭和39年法律第120号)抄4項に基づき、厚生労働大臣の必要な措置が講じられるまで、当法人の安全基準審査会が、監督官庁に代行して医業類似行為(カイロプラクティック療法業)施術所開設届を受理し、カイロプラクティック業法制化の既得権保護を強化します。
※上記本文の「Bachelor Degree または 学士」という称号は、現時、日本の学校教育法に基づくところの 学位記を意味するものではありません。

入学・学費

下記の詳細は大阪本校クラスの入試・学費のご案内となります。

入試

入学資格 カイロプラクティック学校を3年以前に修了し、最低3年のカイロプラクティック実務経験を有する者。
オリエンテーション 2017年9月8日(金)午後16:00~午後19:00
第1回目スクーリング

2017年9月9日(土)午前10:00~午後19:00
9月10日(日)午前9:00~午後17:00

出願書類
  • 所定の入学願書 1通
  • 写真(3.5×4.5㎝)4枚(内1枚は願書に貼付)
入学選考方法 原則として書類選考
合否発表 結果は郵便書留にて一週間以内に本人に通知します。
入学手続き
  • 合格通知書に記載された指定期日までに入学金を納付してください。
  • 合格通知書に同封している書類(誓約書等)に必要事項を記入し、署名、捺印の上、返送してください。
  • 学費の納入が確認され次第『受講許可証』ならびに『開講日のご案内』を送付致します。

学費〔消費税別:単位(円)〕

学費

総額 130万 (内訳)

学籍登録費
10万
受講費
120万
(DSLパック含む)   
  • 第1次早期受講手続き減免:2017年5月15日までのご出願
       学費総額より7万円減免
  • 第2次早期受講手続き減免:2017年5月31日までのご出願
       学費総額より5万円減免
  • 第3次早期受講手続き減免:2017年6月15日までのご出願
       学費総額より3万円減免
※上記減免対象は、一括のご納入に限らせていただきます。
認定登録費 認定登録費   5万
(※本課程終了時に徴収)

下記の詳細は東京クラスの入試・学費のご案内となります。

入試

入学資格 カイロプラクティック/整体関連の学校を3年以前に修了し、最低3年の施術実務経験を有する者。
入学開講日時 調整中
スクーリング
開始日
調整中
出願書類
  • 所定の入学願書 1通
  • 写真(3.5×4.5㎝)4枚(内1枚は願書に貼付)
入学選考方法 原則として書類選考
合否発表 結果は郵便書留にて一週間以内に本人に通知します。
入学手続き
  • 合格通知書に記載された指定期日までに入学金を納付してください。
  • 合格通知書に同封している書類(誓約書等)に必要事項を記入し、署名、捺印の上、返送してください。
  • 学費の納入が確認され次第『受講許可証』ならびに『開講日のご案内』を送付致します。

学費〔消費税別:単位(円)〕

学費

総額 140万円 (内訳)

学籍登録費
10万
授業料
130万
(DSLパック含む)
認定登録費 認定登録費   5万
(※本課程終了時に徴収)

学費分納制度

教育ローンまたは授業料の
分納について

本学の合格通知書の提示によって、日本政策金融公庫の『国の教育ローン』が受けられます。
詳しくは、最寄りの日本政策金融公庫の『国の教育ローン』窓口または、下記ウェブサイトの案内に従いご確認ください。

本学の事務局にて分納の相談も承っております。
本学規定の学費分納例は、以下の通りとなります。

大阪本校クラスでのお手続きの場合:

(※4回以上:要手数料)〔消費税別:単位(円)〕

2回分納
の場合
4回分納
の場合
6回分納
の場合
8回分納
の場合
10回分納
の場合
毎回のご納入額 600,000円 300,000円 200,000円 150,000円 120,000円
毎回の分納手数料 0円 600円 800円 900円 960円
合計ご納入額 600,000円 300,600円 200,800円 150,900円 120,960円

(注)受講費:1,200,000円に対しての分納例となります。

東京クラスでのお手続きの場合:

(※4回以上:要手数料)〔消費税別:単位(円)〕

2回分納
の場合
4回分納
の場合
8回分納
の場合
10回分納
の場合
13回分納
の場合
毎回のご納入額 650,000円 325,000円 162,500円 130,000円 100,000円
毎回の分納手数料 0円 650円 980円 1,040円 1,200円
合計ご納入額 650,000円 325,650円 163,480円 131,040円 101,200円

(注)受講費:1,300,000円に対しての分納例となります。

※ご質問やご不明な点が御座いましたら、国際カイロプラクティックカレッジ事務局までご連絡下さい。

国際カイロプラクティックカレッジ 事務局

TEL 06-4306-5007  FAX 06-4306-5037  Email:info@osaka-icc.jp

このページではブリッジコースの内容を紹介しております。

カイロプラクティック学科(全日制)とコンバージョンコースに関しては下のボタンからご確認ください。