ブリッジコース

コンバージョンコース

コンバージョンコース

国際カイロプラクティックカレッジ(ICC)では、カイロプラクティックの学術習得に興味のある日本の医療系有資格者に、日曜スクーリングで集中受講できる定時制によるカイロプラクティック・コンバージョン・コースをご案内しております。全日制に興味ある方は、別ページ:カイロプラクティック学科[本科]をご覧ください。
本ページでは、定時制で学べるカイロプラクティック・コンバージョン・コースをご案内いたします。

こんな方が対象です

こんな方

  • a.. 全日制で学びたいけど、毎日の通学が困難!
  • b.. 基礎から学ぶことの大切さを知っている!
  • c.. 国家資格を取る前からカイロプラクティックには興味があった!
  • d.. 周囲から先に国家資格を取ったほうが良いと言われたので、そうしてた!
  • e.. 安全で有益な施術体系を構築したい!
こんな方が対象です

こんな方には、ぜひ、カイロプラクティック・コンバージョン・コースの受講をお薦めいたします。
ICCが提供するカイロプラクティックは、最新の学理に基づいた安全で効果的な施術体系となっております。
カイロプラクティックと言えば力任せの矯正を連想される方が多いのですが、ICCが教授するテクニックは最少の力で無理なくサブラクゼーション(健康阻害要因)を除去できる方法で、老若男女問わず施せるテクニックが最大の特長となっております。
これらの学術を月2回の日曜スクーリングで身に付けて行くことができます。
体幹・脊柱・四肢を中心に実践に即した内容で提供されますので学んだ翌日から施術に役立てられます。

通常のセミナーではカバーされない基礎の部分を重点に。

施術

カイロプラクティック一筋に取り組んでまいりましたICCは、本業界内において基礎教育履修の重要性を永年間、主張し続けております。
たとえ、国家資格を保持されている方でも、ことカイロプラクティックに関しての基礎が不十分ですと思うように施術が進まないということがあるかとは思います。
一朝一夕の講習やDVD・動画などのイメージだけで患者さんに施した場合、かえって状態を悪化させてしまうことさえあります。

それほど、カイロプラクティックが取扱う部位は生命維持活動に影響を与えることを意味しており、技術習得の正確さが求められます。
まずは、患者さんにカイロプラクティックを正しく施す場合は、それらの適否の判断を正しく行わなければなりません。
適用可の判断が得られてはじめて、機能的検査の実施⇒技法の選択⇒ポジショニングなどを考慮し、安全にテクニックを施すことができるのです。
カイロプラクティックを安全に行うためには、最低限、以下の内容を理解し、身に付けておく必要があります。

  • 哲学・治効理論・学理
  • 各部位の局所機能解剖学・バイオメカニクス・神経学など
  • 禁忌症(レッドフラッグ)
  • 適応可否の確証を得るための診断法
  • 適応可の場合に実施される機能的検査法
  • 種々のアジャストメント治療/施術テクニック
  • 患者指導のスキル
施術

本コースでは、これらの内容を正確に実践指導いたします。

カリキュラム

【大阪 本校カリキュラムの1例:頸椎 Cervical 編】

  1. 頸椎 Cervical 1

    • 生体力学/バイオメカニクス
    • 典型的な症状の説明
    • 禁忌症について
    • 全体との関わり
  2. 頸椎 Cervical 2

    • 神経筋骨格(NMS)系の評価
    • レントゲン(正常・病理・生体力学)
  3. 頸椎 Cervical 3

    • 視診(静的視診・動的視診)
    • 静的触診(スタティックパルペーション)
    • 動的触診(モーションパルペーション)1
  4. 頸椎 Cervical 4

    • 動的触診(モーションパルペーション)2
  5. 頸椎 Cervical 5

    • 動的触診(モーションパルペーション)3
  6. 頸椎 Cervical 6

    • 仰臥位でのテクニック1
  7. 頸椎 Cervical 7

    • 仰臥位でのテクニック2
  8. 頸椎 Cervical 8

    • 顎関節テクニック
    • その他/テクニック復習
  9. 頸椎 Cervical 9

    • ケーススタディ
    • 実技試験
    • テクニック復習

【新 東京プログラムのカリキュラム/時間割】

コンバージョン コース(新 東京プログラム)
国際カイロプラクティックカレッジでは、医療系有資格者を対象にしたカイロプラクティックのコンバージョンコース(新 東京プログラム)を開講する運びとなりました。コース内容はすべて米国公認のドクターオブカイロプラクティックによって提供されます。またとないこのチャンスをお見逃しなく、皆さまからのご出願をお待ちしております。
理学検査各部位
理学検査概念、問診、骨盤検査、腰椎検査、胸椎検査、頸椎検査、頭部検査、肩関節検査、肘関節検査、手関節/手検査、股関節検査、膝関節検査、足関節/足検査、顎関節検査、歩行評価、姿勢分析
各部位での検査内容
問診(現病歴)、視診(観察)、ROM(自動運動、他動運動、等尺性運動)、筋髄節(MMT)、知覚検査、特殊検査(神経学的、整形外科)、関節の遊び、触診、画像診断(座学と実技)
テクニック各部位
骨盤、腰椎、胸椎、頸椎、肩関節、肘関節、手関節/手、股関節、膝関節、足関節/足
各部位でのテクニック内容
  • スタティック/モーション パルぺーション
  • アジャストメント
  • モビリゼーション、その他 実技
時間割
  午前9:00~12:30 午後13:00~16:30
2017年
4月2日(日)
理学検査概念 ①骨盤MP
5月7日(日) 問診 ②骨盤テクニック
6月4日(日) 骨盤検査 骨盤復習
7月2日(日) 腰椎検 ①腰椎MP
8月6日(日) 腰椎検査 ②腰椎テクニック
9月3日(日) 歩行分析 腰椎復習
10月1日(日) 胸椎検査 ①胸椎MP
11月3日(日) 胸椎検査 ②胸椎テクニック
12月3日(日) 姿勢分析 胸椎復習
2018年
1月7日(日)
頸椎検査 ①頸椎MP
2月4日(日) 頸椎検査 ②頸椎テクニック
3月4日(日) 顎関節検査 頸椎復習
4月1日(日) 肩関節検査 ①肩関節MP
5月6日(日) 肩関節検査 ②肩関節テクニック
6月3日(日) 肘関節検査 ①肘関節MP
7月1日(日) 肘関節検査 ②肘関節テクニック
8月5日(日) 手/手関節検査 ①手/手関節MP
9月2日(日) 手/手関節検査 ②手/手関節テクニック
10月7日(日) 股関節検査 ①股関節MP
11月4日(日) 股関節検査 ②股関節テクニック
12月2日(日) 膝関節検査 ①膝関節MP
2019年
1月6日(日)
膝関節検査 ②膝関節テクニック
2月3日(日) 足/足関節検査 ①足/足関節MP
3月3日(日) 足/足関節検査 ②足/足関節テクニック

コンバージョンコースの特長

コンバージョンコースの特長

  1. 特長 1

    • これまでの医学教育の既得学習単位を完全に履修免除
  2. 特長 2

    • 日々の診療業務に支障を来すことなく履修が可能に
  3. 特長 3

    • 系統的カリキュラムだから学びやすく、翌日の施術に生かせる
  4. 特長 4

    • 最新の生体機能学、カイロプラクティック学理・検査法が学べる
  5. 特長 5

    • 高水準のカイロプラクティック技術が習得できる
  1. 医療系学校卒業
  2. カイロプラクティック
    コンバージョンコース
    (有資格者単位転換コース)
    入学
  3. カイロプラクターとして
    徒手施術家として、
    臨床で活躍!

コンバージョンコース受講者の声

以下のメッセージは大阪 本校プログラムを修了された先生方からいただきました。

・・・・を大事にしているのは国際カイロプラクティックカレッジの特徴

受講生

私は入学前、国家資格を取得し、日々業務をこなして行く中でこんな事を考えていました。
「今、自分が行なっている事は本当に治療と言えるのか?対症療法を繰り返しているだけじゃないのか?」
本当に困っている人を助けたいという気持ちを胸に飛び込んだ世界で、理想と現実とのギャップに苦しんでいた時期がありました。
その苦しみから解放されたのがカイロプラクティックとの出会いであり国際カイロプラクティックカレッジとの出会いでした。
これは私の個人的な経緯ですが、このコースに入られる方は臨床に出られている方ばかりです。それぞれ何かしらの思いを胸に秘めこの学校の門を叩きます。
「本物のカイロプラクティックを学びたい」「もっと向上したい」我々の気持ちはみな同じ方向を向いています。「本物の治療家になりたい」と。

入学し、我々がまず口を揃えて言う事があります。それは「こんな事が勉強したかった」「こんな話を聞きたかった」臨床に出て、壁にぶつかり、悩んでいたからこそ本物の治療に出会った時の感動は大きいものになったんだと感じます。 私自身、この学校に出会って初めて自分の将来の姿が見え、芯の部分にあった不安が消えました。
基礎から学べます。「そもそも身体ってどうやって診るの?どう考えたらいいの?」私は恥ずかしながらそんな基礎の部分がありませんでした。 実際、そこに不安を感じている方は多いのではないでしょうか。

ここではその部分が学べます。
一番知りたかった事を知ることができます。
その部分を大事にしているのは国際カイロプラクティックカレッジの特徴と言えると思います。
テクニックの練習時間などもしっかり確保されています。
第一線で活躍するカイロプラクターから手取り足取り指導していただけます。
何が良くて何が悪いのか、どう修正すれば良いか明確にアドバイスされます。
本物のカイロプラクティック哲学にも触れカイロプラクターとしての在り方も学びました。「カイロプラクティックを知っている」と「本物のカイロプラクティックを勉強した」これは全く違います。この学校で学べたからこそ言える言葉だと思います。
こうしてカイロプラクティックに対して素人だった私がカイロプラクターとしてスタートラインに立つことが出来ました。
これからはこのコースで学んだ事を繰り返し復習し、さらに次のステップへ進んで行きたいと思います。そして正しいカイロプラクティックの普及に貢献出来るよう努力していきたいと思います。

修了生 柔道整復師・鍼灸師 菅恵輔様の声

安心して歩いて行ける明るい道を選ぶ

教科書 受講生

幼い頃から薬や点滴が嫌いで、小児喘息をマラソンで克服しました。
中学生で急性腰痛になり、腰が何の動作をするにも大切な場所だとその時知りました。
足の捻挫をしたときも、謎の微熱が続いたときも、身近な人が癌になった時も 感じたことは「病院に行っても納得のいく結果にならない」ということでした。
人にはもっと素晴らしい可能性があるはず…と常々思っていたのが、社会人になり、カイロプラクティックに出会い、確信に変わりました。

都合で全日制は断念しましたが、地元で国家資格を取得し、念願のコンバージョンコースを受講することが出来ました。
今日教えていただいた技術が、翌日お越しになる患者さんの症状を改善できる即戦力となる。
アメリカ全土共通の教書を元に、温厚篤実で、熱い志を持つ講師の方々による素晴らしい「技術の習得」と、大切な「カイロプラクティックの哲学」の部分も学ぶことで、しっかりとした「骨格」が出来、将来必ずご自身の大きな助けとなると思います。

どの分野でも言えることですが、近道はないけれど、国際カイロを選ぶ事は「安心して歩いて行ける明るい道を選ぶ」事に繋がると確信しています。

修了生 柔道整復師 森山佳子様の声

募集要項

下記の詳細は大阪本校プログラム(日曜コース)の募集要項のご案内となります。

募集学科 カイロプラクティック・コンバージョン・コース
(医療系有資格者対象)
入学定員 20名(男女)
修業年限 定時制 2.5年(スクーリング全61回)
授業形態
  • 第1日曜日スクーリング:9:00~17:00
  • 第3日曜日スクーリング:9:00~17:00
修了証 本学(ICC)規定の修了証を授与いたします。
団体加入 一般社団法人 国際カイロプラクティック師連盟(Fjic)への入会申請資格が与えられます。

下記の詳細は新 東京プログラムの募集要項のご案内となります。

募集学科 コンバージョン コース(新 東京プログラム)
〔有資格者対象コース〕
入学定員 20名(男女)
修業年限 定時制 2年(スクーリング24回:各6時間、合計144時間)
授業形態 第1日曜日にスクーリングが行われます。
午前の部: 9:00~12:30
午後の部:13:00~16:30
修了証 本学(ICC)規定の修了証を授与いたします。
団体加入(任意) 一般社団法人 国際カイロプラクティック師連盟(Fjic)への入会申請資格が与えられます。
東京/教室 東京都渋谷区恵比寿南2-1-11恵比寿AMビル7F
ウェルキュア エビス

入学・学費

下記の詳細は大阪本校プログラム(日曜コース)の入試・学費等のご案内となります。

入試

入学資格 日本の医療系/あ・は・き、柔整 等学校修了者
上記と同等以上の医学教育を受けた者
入学時期 平成29年11月19日(日)9:00~17:00【スクーリング開始】
※オリエンテーションは、平成29年11月5日(日)9:00~16:00に行います
願書受付開始 平成29年7月1日~平成29年10月14日
出願書類
  • 所定の入学願書 1通
  • 写真(3.5×4.5㎝)4枚(内1枚は願書に貼付
入学選考方法 原則として書類選考
合否発表 結果は郵便書留にて一週間以内に本人に通知します。
入学手続き
  • 合格通知書に記載された指定期日までに入学金及び授業料を納付してください。
  • 合格通知書に同封している書類(誓約書等)に必要事項を記入し、署名、捺印の上、返送してください。
  • 学費の納入及び、入学手続き書類の提出が確認され次第『入学許可証』を送付します。

学費〔消費税別:単位(円)〕

  前期(1年目) 後期(2年目) 合計
入学金 100,000   100,000
施設費 50,000 50,000 100,000
授業料 600,000 600,000 1,200,000
配布資料 10,000 10,000 20,000
ご納入額 760,000 660,000 1,420,000

*教科書として、カイロプラクティック・テクニック総覧を購入して頂きます。
費用は、別途21,600円(税込:参考価格)が必要となりますが、各自、Webサイト(産学社エンタプライズ様・アマゾン様等)より購入頂けます。

下記の詳細は新 東京プログラムの入試・学費等のご案内となります。

入試

入学資格 日本の医療系/あ・は・き、柔整 等学校修了者
上記と同等以上の医学教育を受けた者
入学時期 2017年4月2日(日)9:00~16:30【スクーリング開始】
出願書類
  • 所定の入学願書 1通
  • 写真(3.5×4.5㎝)4枚(内1枚は願書に貼付
入学選考方法 原則として書類選考
合否発表 結果は郵便書留にて一週間以内に本人に通知します。
入学手続き
  • 合格通知書に記載された指定期日までに入学金及び授業料を納付してください。
  • 合格通知書に同封している書類(誓約書等)に必要事項を記入し、署名、捺印の上、返送してください。

  • 学費の納入及び、入学手続き書類の提出が確認され次第『入学許可証』を送付します。

学費〔消費税別:単位(円)〕

  前期(1年目) 後期(2年目) 合計
入学金 100,000   100,000
施設費 50,000 50,000 100,000
授業料 600,000 600,000 1,200,000
配布資料 10,000 10,000 20,000
ご納入額 760,000 660,000 1,420,000

*教材・参考書として[カイロプラクティック・テクニック総覧・運動器リハビリテーションの機能評価Ⅰ・Ⅱ]を自主購入して頂きます。
尚、上記学費には含まれておりません。

教育ローン

本学の合格通知書の提示によって、日本政策金融公庫の『国の教育ローン』が受けられます。
詳しくは、最寄りの日本政策金融公庫の『国の教育ローン』窓口または、下記ウェブサイトの案内に従いご確認ください。