インターナショナルカイロプラクティックカレッジ(ICC)では、カイロプラクティックの学術習得に興味のある日本の医療系有資格者に、日曜スクーリングで集中受講できる定時制のカイロプラクティック・コンバージョン・コースをご案内しております。
全日制のコンバージョンに興味ある方は、 カイロプラクティック徒手療法学科のページをご覧ください。
本ページは、定時制で学べるカイロプラクティック・コンバージョン・コースの内容・要項を案内しております。

医療系の資格をお持ちの方で
カイロプラクティックを学びたい方

こんな方が対象です。
こんな方には、コンバージョン・コースがお薦めです。

ICCが提供するカイロプラクティック/徒手医学は、最新の学理に基づいた安全かつ有益な施術体系となっております。
カイロプラクティックと聞けば、力任せの矯正を連想する方が圧倒的に多いのですが、ICCが提供するテクニックは最少の力で無理なくサブラクセーション/健康阻害要因を取り去る方法で、患者さんの年齢や状態を考慮して施せるテクニックが特長的となっております。
これらの学理・技術を日曜スクーリングで身に付けて行くことができるのはこのカリキュラム以外にありません。
大阪本校プログラムは月2回の1年、東京プログラムは月1回の2年となっております。
体幹・脊柱・四肢を中心に、実践に即した内容で提供されますので学んだ翌日から施術に役立てられます。

Step 1

医療系学校を卒業

Step 2

本校の有資格者コースでカイロプラクティックを学ぶ

Step 3

カイロプラクターとして 徒手施術家として、
臨床で活躍!

充実した
カイロプラクター育成プログラム

1
あなたの資格が
生きる
これまでの医学教育の既得学習単位を完全に履修免除
2
あなたの時間を
減らさない
日々の診療業務に支障を来すことなく履修が可能に
3
すぐに
実践できる
系統的カリキュラムだから学びやすく、翌日の施術に生かせる
4

高い検査技術力が身につく

最新の生体機能学、カイロプラクティック学理・検査法が学べる
5

その患者にベストなケア提案

高水準のカイロプラクティック技術が習得できる

通常のセミナーでは
カバーされない基礎を重点に

カイロプラクティック一筋のICCは、永年間、本業界において基礎教育の重要性を主張し続けております。
たとえ、国家資格保持者でも、ことカイロプラクティックの基礎が理解できていないと施術が思うように進まないのは当然のことと言えます。
一朝一夕の講習やDVD・動画だけで患者さんに施した場合、かえって状態を悪化させてしまうことさえあります。

それほど、カイロプラクティックが取扱う領域(脊柱・脊髄)は生命維持活動に影響を与えることを意味しており、技術習得の正確さが求められます。
まずは、患者さんに正しくカイロプラクティックを施す場合は、それらの適否の判断を行わなければなりません。
適用可の判断が得られて、はじめて機能的検査を実施⇒技法の選択⇒ポジショニングなどを考慮し、安全なテクニックで施すことができるのです。
カイロプラクティック診療を安全に行うためには、最低限、以下の内容を理解し、身に付けておく必要があります。

本コースでは、これらの内容を正確に実践指導いたします。

カリキュラム

大阪本校の月2回1年のカリキュラムは次の通りとなります。

日程午前10:00~12:30午後13:00~17:00
2021年10/17(日)理学検査概念骨盤MP
11/7(日)問診骨盤テクニック
11/21(日)骨盤検査骨盤復習
12/5(日)腰椎検査 ①腰椎MP
12/19(日)腰椎検査 ②腰椎テクニック
2022年1/16(日)歩行分析腰椎復習
1/30(日)胸椎検査 ①胸椎MP
2/6(日)胸椎検査 ②胸椎テクニック
2/20(日)姿勢分析胸椎復習
3/6(日)頸椎検査 ①頸椎MP
3/20(日)頸椎検査 ②頸椎テクニック
4/3(日)顎関節検査頸椎復習
4/17(日)肩関節検査 ①肩関節MP
5/1(日)肩関節検査 ②肩関節テクニック
5/15(日)肘関節検査 ①肘関節MP
6/5(日)肘関節検査 ②肘関節テクニック
6/19(日)手/手関節検査 ①手/手関節MP
7/3(日)手/手関節検査 ②手/手関節テクニック
7/17(日)股関節検査 ①股関節MP
8/7(日)股関節検査 ②股関節テクニック
8/21(日)膝関節検査 ①膝関節MP
9/4(日)膝関節検査 ②膝関節テクニック
9/18(日)足/足関節検査 ①足/足関節MP
10/2(日)足/足関節検査 ②足/足関節テクニック

カリキュラムの一例
頸椎 Cervical 編

有資格者対象コースで学ぶ内容の一例です。座学も実技も基本をしっかりと学びます。

最新の技術を取り入れているので、より患者に寄り添ったケアを身につけることができます。

頸椎 Cervical 1
  • 生体力学/バイオメカニクス
  • 典型的な症状の説明
  • 禁忌症について
  • 全体との関わり
頸椎 Cervical 2
  • 神経筋骨格(NMS)系の評価
  • レントゲン(正常・病理・生体力学)
頸椎 Cervical 3
  • 視診(静的視診・動的視診)
  • 静的触診(スタティックパルペーション)
  • 動的触診(モーションパルペーション)1
頸椎 Cervical 4
  • 動的触診(モーションパルペーション)2
頸椎 Cervical 5
  • 動的触診(モーションパルペーション)3
頸椎 Cervical 6
  • 仰臥位でのテクニック1
頸椎 Cervical 7
  • 仰臥位でのテクニック2
頸椎 Cervical 8
  • 顎関節テクニック その他/テクニック復習
頸椎 Cervical 9
  • ケーススタディ
  • 実技試験
  • テクニック復習